人生を楽しむために屋上がある。
 
屋上にあがる。視野がいきなり広くなる。明るくなる。そこでは自然と遠くを眺めたくなる。頭上を見上げたくなる。どこまでも青い空がひろがる。雲が流れる。鳥が飛び、星が輝く。そして大きく深呼吸をしたくなる。酸素が体を巡り、五感が冴えわたる。風を感じる。季節を感じる。今日を感じる。生きていることを感じる。

この屋上に、人が集まる。食べる。飲む。話す。笑う。歌う。

先が見えない、窮屈だ。そう嘆く日本に、必要なものがいくつかある。そのひとつが屋上かもしれない。今まで不向きとされた木造住宅に屋上をつくる。しかも屋根代とほぼ同じコストで屋上をつくる。住宅業界に根付く古い常識を覆して、屋上のある豊かな生活を広めたい。そんな思いを ㈱ innovationとのコラボレーションで実現しました。

木造で、屋上。名前は、プラスワンリビング。
それは物理的な空間だけじゃない、新しい生き方もプラスします。